社会保険労務士に今開かれている就職先

社会保険労務士の試験に受かって早く資格を取ることを考えている人たちは多いのですが、最近よく見かけられるパターンに、「試験に受かること」ばかりにかまけていて、合格後のことを漠然としか予定していない人たちが増えている、というものがあります。

確かに、試験が難しいですから勉強に全力投球することは必須ですが、合格後の計画も初期から立てていかないとだいぶあとになってから、遅れをとるかもしれません。

社会保険労務士には、開業をする人と就職をする人と、大きく分けて2種類がありますが、開業については好きな場所を選べばいいはずです(開業はもちろんたいへんなことですから、決めないといけないことはほかにも多いわけですが)。
しかし就職の場合は、社会保険労務士として入れそうな就職先を見つけて、しかもそこに入れてもらえるようにがんばらないといけません。

そもそも社会保険労務士にはどんな就職先があるのでしょうか。
大きく分けると、2種類ですが、ここではあえて3種類にして説明しましょう。

1.企業の人事・労務等の部署

これは主に、大企業をはじめ、相当の規模に達している企業が中心となります。
これが、勤務を希望する社会保険労務士が就職先を探すときの、メインのターゲットとなります。
ポイントは、大企業になるほど(他の部署と同じで)社員として雇用されることが難しくなることでしょうか。

2.社会保険労務士事務所のスタッフ

社会保険労務士事務所も法人化が認められる時代ですし、これから少しずつ人数の多い事務所は増えていく可能性があります。独立を将来計画している社会保険労務士が修行のために就職先として選ぶケースも多いです。
ただし、まだ既存の事務所は少人数でやっている例が多く、あえて人を雇おうとしていない社会保険労務士事務所も多い(依頼がたくさんあっても、です)ため、就職先としてはけっこう難関です。

3.コンサルティング関係の会社や事務所等

経営に関するコンサルティング等をやっているところは会計士等が大きな役割を果たしていることが多いのですが、他の「士業」の人たちも必要に合わせて集めていることがあります。

社会保険労務士の就職先としてはやはり口が多いのは一般的な企業です。
企業研究を行って、社会保険労務士が必要となりそうな種類の企業を把握することは大事ですね。
いっぽう、事務所等を狙う場合は、自分からアプローチをかけて売り込む姿勢も大事です。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法