社会保険労務士が求人を探すとき

社会保険労務士の求人は、社会保険労務士のスキルを活かして就職をしたいと希望している人たちにとっては非常に切実な問題ですね。

社会保険労務士の試験に受かっていることを自分自身の売りにして、就職活動をしたいと思っても、 「なかなか結果が出そうにないような気がします」という人たちもいます。
これはおそらく、人事や労務といった仕事の求人情報を探すことが難しそう、あるいは社会保険労務士として仕事を探すことが難しそうだというイメージにとらわれているからでしょう。
確かに、人事や労務といった仕事は、数ある求人情報の中で頻繁に見かけるものではありませんし、社会保険労務士のスキルがあることを希望している求人となると、目にした覚えがある人はほとんどいないでしょう。

そうはいっても、社会保険労務士うんぬんの前に、まず求人情報自体が今のような時代にはものすごく多いです。
不景気で、雇用問題がとやかくうるさく騒がれてしまう時代ですから、ありとあらゆるメディアが求人情報を大事にしています。
問題はその膨大な求人情報の中で、目的を見失わないようにして情報収集をすることです。

多くの人たちにおすすめしやすい方法は、転職コンサルタント等の手助けを借りることです。
社会保険労務士の試験に受かっていることや、そのスキルを活用して人事や労務等の部署の求人を欲していると伝えて、自分に合っている案件を回してもらうことは、プロの目で仕事を選んでもらえるわけですからかなりの効果を期待できます。

もちろんこの方法もうまくいかないことはあります。たとえば、人材紹介業によっては、職歴の中身を重視するところもありますね。過去にどんな職歴を持っているのかを重視する企業は多いですから、社会保険労務士のスキルがあっても職歴が不利なために受け入れられにくくなることはあります。
あるいは、職歴に空白期間があると紹介しづらい場合等もありえます(社会保険労務士に受かるまでに仕事を離れていると、不利になる傾向があることは否めないでしょう)。

このことを考えると、社会保険労務士のスキルを活かせる求人にありつける可能性があるのかはコンサルタント側から最初のうちにきっぱりと指摘してもらったほうがいいでしょう。
人材紹介会社も最近は多いわけですから、できるだけ多くのところに相談に行って、率直な回答をもらうようにしたほうが確実でしょう。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法