社会保険労務士の勉強法で間違えないために

社会保険労務士の試験に受かることがどれだけたいへんなのかは、合格率を説明している他のページからよくお分かりになるだろうと思いますから、受検に当たっては覚悟が必要ですし、受験勉強もとてもハードなものになることが簡単に想像つくでしょう。
短くまとめると、社会保険労務士になるには勉強法がなんといっても重大です。

うまくいく勉強法を選んで、それをやり遂げないことには、社会保険労務士になかなかなれなくて結局何年もの年数を無駄にしてしまう恐れもあります。できれば一発の受験で受かりたいものですが、どんな勉強法を選ぶと社会保険労務士になれそうでしょうか? 

社会保険労務士の勉強法の王道ともいえるのが、「社会保険労務士専門のスクールに通う」という勉強法です。
資格のスクールは、探せば両手の指では収まらないくらいありますし、社会保険労務士のコースを開いているスクールもけっこうあります。大手のスクールだったら、キャンパスを全国各地に設けていますし、日程にもかなり融通が利くようにしてくれています(夜間に開講してくれたり、土日に開講してくれたりするところも探せばないわけではありません)。

ただし、この勉強法にもそれなりに欠点はあります。まず、やはり時間や場所の都合がつくとは限らない点です。
大都市の便利な場所に住んでいたり、あるいは通勤や通学をしていたりする人たちは有利ですがいわゆる辺境の土地に住んでいる人ほど難しくなります。
そして、やはりこの勉強法は「学校」に入学することになりますからまとまった資金繰りをしないといけませんね。
予算がたっぷりあるような受験者は、今のような時代には少数派ではないでしょうか。

その点、おすすめしやすい勉強法といえるのが、「社会保険労務士専門の通信教育を使う」という勉強法です。
この方法だったら、どんな場所に住んでいてもそのことをハンデに感じずに使えますし、学校に比べたら費用もけっこう安くなります。最近は数万円ですべての教材を買える例も増えていますし、VD等の教材を混ぜることで、学校とほとんど同じレベルの講義を受けられるようにしている例も多いですから社会保険労務士の勉強法としては万人受けする方法といえます。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法