社会保険労務士の試験の合格率のすごさ

社会保険労務士になりたくなった人たちの大部分は、資格をもらうためには試験を受けないといけないケースがほとんどでしょう。

社会保険労務士の試験は、合格率が低くて試験問題が難しいことでとにかく有名です。
社会保険労務士の試験の合格率はそれではいったいどうなっているでしょうか。
以下に過去10年分の社会保険労務士試験の合格率等のデータをまとめました。

年度 出願者人数 受験者人数 合格者人数 合格率
平成17年度 61,251人 48,120人 4,286人 8.9%
平成18年度 59,839人 46,016人 3,925人 8.5%
平成19年度 58,542人 45,221人 4,801人 10.6%
平成20年度 61,910人 47,568人 3,574人 7.5%
平成21年度 67,745人 52,983人 4,019人 7.9%
平成22年度 70,648人 55,445人 4,790人 8.6%
平成23年度 67,662人 53,392人 3,845人 7.2%
平成24年度 66,782人 51,960人 3,650人 7.0%
平成25年度 63,640人 49,292人 2,666人 5.4%
平成26年度 57,199人 44,546人 4,156人 9.3%
平成27年度 52,612人 40,712人 1,051人 2.6%

社会保険労務士試験の合格率は、平成19年度を除いて10パーセントを超えたことがいっさいありません。
ようするに、10人に1人未満の合格率しかない過酷な試験に、社会保険労務士の志願者は挑まないといけません。

社会保険労務士の試験に受かるための勉強を教えている専門スクール等に足を運んでみますと、何年も勉強を続けている人たちがざらにいることに気がつきます。つまり、社会保険労務士の合格率の壁を突破することができなくて何年も足止めされている人たちがうようよいるのが現実だということです。
受験者の人数については、微量に増えたり減ったりを繰り返しているため、これからどう変わっていくのかは一概には見通しを立てられません(おそらく、これからもときどき増えたり減ったりの繰り返しになっていくのではないかと考えるしかありませんが)。
ただ、試験の申し込みをする人たちは少し前と比べて明らかに増えています(ときどき増えたり減ったりを繰り返していますが)。これはほぼ間違いなく、不景気のなせるわざだとみなしてかまわないでしょう。
社会保険労務士の合格率は、希望者が増えていることを背景に、しばらくの間厳しい状況が続くだろうとみておくべきでしょう。

社会保険労務士の合格率はとにかく過酷ですが、ぜんぜん受かる見込みが持てないわけではありません。
社会保険労務士の合格率は、かなり一定に保たれていますね。ここに試験を攻略するカギがあります。
試験問題には特徴があるのでそれを知ることが第一歩になります。これはレベルの高いスクールや通信講座に申し込むと、みっちり教えてもらうことができます。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法