社会保険労務士で就職する際ダブルライセンスは有意義? 

社会保険労務士に合格してから、就職して安定した身分を手に入れた上で資格を活用したいなら、就職活動はとても重要ですね、あらゆる観点から、念には念を入れて臨まないといけないでしょう。

企業の人事担当者に向かって、自分をできる限りポジティブにアピールする材料があればぜひ活用したいと思うのが当たり前。ところで、その目的のために「また違う資格をとる」という発想も考えられるでしょう。世にいう「ダブルライセンス」ですね。

ところで社会保険労務士の場合、ダブルライセンスはわりとありふれたアイデアと思われていますね。実際にやろうとする合格者は少なくないようです。

とはいえ、社会保険労務士の世界で「ダブルライセンス」と言ったら通常は開業者がやることだというイメージが強いですね。勤務型ではあまり話題になっていないふしがあります。

それでも目標とする企業に就職するために、ダブルライセンスはうまく使いこなせたらもうけものですね。

ここで注目したいほうがいいのは、勤務型社会保険労務士は企業内でどんな部署に所属して、どんな仕事に従事するか、という点です。人事部や総務部といった、社会保険関係の業務や労務にまつわる仕事をすることが大半ですね。

そのような視点から探すなら、企業に就職したい社会保険労務士が手に入れたほうがいい別の資格の候補は? 「中小企業診断士」「(日商)簿記」「FP(ファイナンシャル・プランナー)」「税理士」といったところではないでしょうか。
これらの資格は社保や労務と直結するものではありませんが、財務・経営といった範囲で強みがある資格ばかりです。就職後の社会保険労務士の活動範囲を、広々としたものに換えてくれるチャンスがあり得るのです。

※ダブルライセンスをやるとなったら、勉強時間や費用が余分に発生しますね。自身の適性や、やっていきたい仕事内容等をよく考え抜いた上で、決断することが大事でしょう。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法