社会保険労務士は開業の道も残しておきたい

社会保険労務士の試験に受かったあと、その後の選択肢は主に2種類になります。
すなわち、全国社会保険労務士会連合会に登録の手続きを取るときに、開業をするか勤務をするか、どちらかの登録をすることになるでしょう(開業や勤務以外にただ自宅等を届け出る登録もありますが)。

社会保険労務士の資格を就職に活用したい人たちにとっては、開業や独立はあまり関心がわいてこないかもしれませんが、時と状況によっては、開業をしたほうが得策となることもあります。
自分の家の近くにぴったりの企業が見つからないようなこともあるでしょうし、たとえば近くに中小企業がたくさんあるのに社会保険労務士が開業をしていないような土地柄だったら開業をしてしまうほうが成功する可能性が高いものになるでしょう。

社会保険労務士の開業はかなり勇気がいることでしょう。いわゆる一匹狼になるわけですから。
いきなり、社会保険労務士として開業することは不安がつきものですし、やはり失敗する人は昔も今もいることは事実です。
どうすれば社会保険労務士としての開業に失敗せずにすむでしょうか。

社会保険労務士も都道府県ごとに組織が分かれています。所属することになる支部にあいさつに出向いたり近隣のベテランの事務所にあいさつに行ったりすることは大切ですね。
将来の競争相手だからといってそっけない態度をとられると思い込むよりは、礼儀正しく挨拶に行くほうがいいでしょう。もちろんそれがすぐ何らかの利益につながるというわけではありませんが、幸い、現在は既存の事務所は手が回らないほど忙しいことが多いようです。
場合によっては何らかの仕事を回してくれる可能性だってありますし、何かわからないことができたときにアドバイスをもらえることだってあります。

実はこれが開業をするルーキーの社会保険労務士には大切なことです。つまり、熟練者のアドバイスをもらえるようにしておくことです。経験豊富な社会保険労務士にアドバイスやヒントを少しでももらうだけで仕事が劇的に解消されることだってあるのです(特に開業をしたばかりの未熟な社会保険労務士の場合は)。
もちろん頼りすぎるわけにはいきませんし、相手だって教えてくれることには制限をつけてくるでしょうが、いざというときにぜんぜん誰にも相談できない状況になることは避けたいものです。

できれば試験に受かる前から、ベテランの社会保険労務士と交流を持っておくほうがいいのですが、コネがなくても、スクールや通信講座で勉強をしていると、そこの講師等と仲良くなるようなことを通じてコネをつくることもできますね。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法