社会保険労務士になると就職も確かにチャンスが増える

社会保険労務士の資格が最近、就職等の話題に便乗して昔と比べて急に人の口に上るようになりました。

就職の話題は本来、今のような不景気と雇用不安が続く時代にあってはかなり頻出する性質を持っていますね。
社会保険労務士は、数ある「士業」の中でも特に世間からの評価や需要が高いですし、しかも弁護士や司法書士のような、目立った法律系資格とは対照的に、一種の穴場となっているような資格でもあります。つまり今から急いで狙う(そして就職やキャリアアップに役立てる)には社会保険労務士は絶好の資格であるということもできます。

社会保険労務士はどうして就職や転職、または職歴のジャンプアップをしたいときに有用なのでしょうか? 

その答えは?社会保険労務士は、今のような就職をはじめとした雇用不安、そして社会保障不安が顕著な時代にはとても出番が多い資格だからですね。

たとえば、数年前から、すでにリタイアしているような世代の人たちを中心にして、年金の不正な改ざん問題等が巻き起こっていますが、これを受けて社会保険労務士の中には行政等から協力の要請を受けてひっきりなしに活動している人たちが全国各地に登場しています。
これは一部の例にすぎませんが、とにかく制度や法律が毎年ものすごく変わっています。
業種を問わずすべての企業は、労働者を雇用している立場上その変化に着実についていかないといけません。
ひと昔前は、労働基準監督署のような機関も「法を正確に守っていなくても見逃してくれるような性質も強かった」、といわれていますが、最近はかなり厳しくなっています。しかし、とても改正された内容を逐一追いかけて自社の体制に反映させていくような余裕はありません。プロの社会保険労務士に任せるしかないのです。
社外の開業型社会保険労務士に投げるか、社会保険労務士を雇って社内で担当させるかの二択になるわけです。
社会保険労務士の就職の機会はこうした現状を見つめていると、なくなってしまう見込みはまったく感じられません。

社会保険労務士にこれからなるのだったら当然早いほうがいいですし、そのほうが就職や開業の見込みも多くなります。社会保険労務士になって、それをどう使いこなしていくべきなのかを探求してみましょう。

⇒社会保険労務士の資格を取得するならこの勉強法